名人名言:天才與我們——芥川龍之介︱Beginneros

語錄與它們的產地 人物

「天才とは僅かに我々と一歩を隔てたもののことである。只この一歩を理解する為には百里の半ばを九十九里とする超数学を知らなければならぬ。同時代は常にこの一歩の千里であることを理解しない。後代は又この千里の一歩であることに盲目である。同時代はその為に天才を殺した。後代は又その為に天才の前に香を焚いている。」—— 芥川龍之介, 侏儒の言葉

芥川龍之介是日本知名小說家,在文學界可謂無人不知。他多撰寫短篇小說,寫有《竹林中》、《羅生門》、《蜘蛛之絲》、《地獄變》等著名作品。但後來因為患上胃病、痔瘡、精神衰弱、失眠等,最後因為受疾病之苦,於1927年服藥自殺,在遺書上寫了「恍惚的不安」,享年35歲。

而《侏儒的話》是芥川龍之介的思想作品集,撰寫了他的人生觀。每段只有一兩句話,不過字字珠璣。關於天才,他就寫下了此句,認為同時代的人不理解天才與自己的差別,自以為只有「一步只差」;而後代的人則以為天才是天生的,不相信自己能超越而焚香。

分享


你可能感興趣: